出生前診断をお考えなら 『出生前診断情報センター』

出生前診断情報センターでは、高齢出産でダウン症などの染色体異常が心配な方へ、羊水検査(羊水染色体検査)や絨毛採取、トリプルテスト、クアトロテスト、セルフリーDNA検査(新型出生前検査)といった検査方法の解説、情報を提供しています。

メリット・デメリット

出生前診断のメリット

  • 障害のある子どもが生まれたら・・・という心の負担を軽くできる
  • 障害を持った子どもが生まれてくるとわかった場合、ともに生きていく決心をする親であれば、生まれてくるまでに準備をすることができる
  • 治療可能な先天異常を早期に発見し、対応できる


出生前診断のデメリット

  • 胎児に異常があった場合、人工妊娠中絶を行うことは障害者の廃絶ではないか
  • 検査を受けることで、余計な心配が増える
  • 検査によっては、流産のリスクがある。
  • あらゆる胎児異常を発見できるわけではない。

この記事をシェアする

関連記事

folder よくある質問

more...

folder 出生前診断とは

more...

folder 出生前診断の比較

more...

folder 出生前診断実施病院

more...

folder 出生前診断実施病院の一覧

more...

folder 最新のお知らせ

more...