出生前診断をお考えなら 『出生前診断情報センター』

出生前診断情報センターでは、高齢出産でダウン症などの染色体異常が心配な方へ、羊水検査(羊水染色体検査)や絨毛採取、トリプルテスト、クアトロテスト、セルフリーDNA検査(新型出生前検査)といった検査方法の解説、情報を提供しています。

出生前診断と着床前診断との違い

着床前診断とは違う

着床前診断は、受精卵の染色体異常などの遺伝子検査を行うことです。
一般艇には、体外受精の際に行われます。

出生前診断は、「胎児」の遺伝子を検査しますが、着床前診断では、「受精卵」の段階で遺伝子を検査します。


受精卵を検査する着床前診断では、2~16個などの細胞の段階で検査するのに対し、
出生前診断では、胎児の数兆個の細胞の一部を検査することになります。

この記事をシェアする

関連記事

folder よくある質問

more...

folder 出生前診断とは

more...

folder 出生前診断の比較

more...

folder 出生前診断実施病院

more...

folder 出生前診断実施病院の一覧

more...

folder 最新のお知らせ

more...