出生前診断と着床前診断との違い

着床前診断とは違う

着床前診断は、受精卵の染色体異常などの遺伝子検査を行うことです。
一般艇には、体外受精の際に行われます。

出生前診断は、「胎児」の遺伝子を検査しますが、着床前診断では、「受精卵」の段階で遺伝子を検査します。


受精卵を検査する着床前診断では、2~16個などの細胞の段階で検査するのに対し、
出生前診断では、胎児の数兆個の細胞の一部を検査することになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加